営業許可申請。開業のお手伝いサイト

居酒屋を開業するまでの流れとは?

居酒屋を開業して成功するには、しっかりとした準備が大切です。スケジュールに沿って、開店までの準備を進めましょう。スケジュールは、個々の状況や事情によってことなります。下記のスケジュールは目安として、参考にご覧ください。

開業に必要な知識や技術の習得。(開業の6か月より以前)

居酒屋を開業するために必要な知識や技術の習得をします。

コンセプトの決定(開業の、4〜6ヶ月前)

居酒屋を開業する際には、どのようなコンセプトのお店にするのか検討することは、とても大切です。

明確なコンセプトが、集客のポイントにもなりますので、慎重に検討しましょう。

お客様に、自分のお店が「何」で喜んでもらいたいのか?お店の「売り」を一言で表すのがコンセプトです。そこで、5W2Hがコンセプトを考える一つの軸になります。

店舗のコンセプトとして考えるべき、5W2H

  • When:いつ?→どの時間帯をメインにするか?
  • Who:だれに?→ターゲットを決定する。
  • Where:どこで?→立地はどうするか?
  • What:なにを?→メニューは何を提供するのか?
  • Why:なぜ、どうして?→来店動機
  • How:どのように→お客様に店内でどう過ごして欲しいのか?
  • How much:いくらで→価格帯はどのくらいにするか?

上記のイメージが固まってきたら、詳細な、メニュー構成や、接客、店内外のデザイン、演出等についても考えていきます。

事業計画書の策定(開業の、4~6ヶ月前)

居酒屋の開業に際しては、事業計画書の作成が必須です。様々なリスクを考慮したうえで、策定しましょう。

初めて作成する方は、最寄の商工会に相談すると、指導してくれる可能性がありますので、活用しましょう。

資金計画及び資金準備(60〜70日前)

居酒屋を開業するための資金を準備します。自己資金で不足する分は、銀行から借り入れるなど、調達先を確保しておきます。売上や収益計画書があると、店舗賃料などの算出もしやすくなります。

店舗の決定(55〜70日前)

居酒屋はコンセプトに沿った立地・物件選びが大変重要です。条件に合うエリアに実際に出かけて、人の流れを時間帯別に確認しながら、物件を探しましょう。

特に沖縄県の場合は、「県内在住者」か「観光客」のどちらを主なターゲットとするかで、立地がかわってきます。

店舗の立地については、オープン後の集客・売上を決定する要素ですので、妥協せずに、慎重に検討することが、大切です。

また、店舗については、電気やガス容量、給排水、排気ダクトなど確認事項が多いので、事前に専門業者にご相談することをお勧め致します。

内装業者の選定(50〜60日前)

コンセプトに沿った施工ができる内装業者を選定します。

店舗内装工事費用を安くする方法とは?

開業許可申請(第1回20〜25日前、 第2回7〜8日前)

居酒屋の開業には、関係各所に許可申請を行う必要があります。

居酒屋の開業に必要な許可申請について

メニューの決定(30〜35日前)

コンセプトに沿って、提供するメニューの詳細な内容を具体的に決めていきます。また、あわせて業務用冷蔵庫やガスコンロ、テーブルやイス、食器類など営業に必要な設備も調達していきます。

仕入れ先や、スタッフの確保(20〜25日前)

提供するメニューに応じて、食材等の仕入先を確保します。

スタッフが必要な場合は、店舗に合ったスタッフの求人を行えるよう、求人媒体、求人広告の内容等に留意しましょう。

販促・広告(販促物の印刷・30〜35日前)

販促にはさまざまな方法があります。コンセプトに沿った販促・広告の方法を選定します。販促の一例としては、下記の方法があります。

  • チラシ配布
  • Webサイト(集客サイト含む)
  • *ブログやSNS等で、準備段階から、情報発信すると集客に繋がります。

  • ショップカード
  • フリーペーパー
  • 看板、のぼり

プレオープンで友人・知人を招待し、メニュー等の微調整を行うことも有効です。

開店

すべての準備を整えていよいよ開店です。

当サイトでは、起業・開業に向けて、準備を始めたお客様の時間的・心理的な負担を軽減するための様々な無料サービスを提供しています。

沖縄起業・開業サポートのご利用メリット

  • サービスはすべて無料です。
  • 準備で忙しいお客様の時間や手間が省けます。
  • 匿名で、専門家に質問・相談できるので、悩みや疑問を解消できます。
  • 自分のペースで、じっくりと業者を選ぶことが出来ます。
  • 複数の内装会社の提案や見積書を比較できます。
  • お客様の要望に最適な内装工事会社が探せます。

起業・開業を計画されているお客様にとって、内装工事費用は、初期投資の中でも、大きなウェイトを占めると思います。運営資金を確保する為にも、「集客」に影響のない範囲内で、なるべく、初期投資を抑えることが大切です。

店舗の内装工事費用を抑えるためには、複数の内装業者から見積もりを出してもらうことが有効です。見積もり書の項目を比較することで、項目漏れを防ぐことができますし、適正な価格を知ることにも繋がります。